相続税の節税方法:小規模宅地の特例と生前贈与、生命保険

相続税には節税対策が重要です

被相続人から遺産を相続することがありますが、この相続人には相続税を支払わなければいけないという義務が発生します。
必ず支払わなければ厳しい処分を受けることになりますが、考えている以上に高額となっています。
ここでは節税対策を行って支払金額を少なくする方法があります。

小規模宅地による減額を探る

有効となる対処法としては、小規模宅地による減額があります。
小規模宅地とは被相続人が持っていた自分の土地や事業に使っていた土地のことになります。
この土地を利用して減額する方法は小規模宅地の特例になります。
基本的に土地を相続した場合には大きな税金を支払わなければいけないようになっていますが、法律で決められた条件をクリアすることで大幅に減らすことができます。
240平米までの小規模宅地に関しては、土地の評価額に対して80パーセントの減税が認められています。

生前贈与が節税には有効です

このほかの対策として生前贈与を利用する節税対策があります。
生前贈与とはその名前の通りプレゼントすることになります。
1年間に110万円までの贈与の場合には税金を支払う必要がありません。
しかし注意しなければいけないのは、この金額を超えると贈与税を支払う必要があります。
生前贈与は被相続人がなくなる前からしっかりと準備をして対処する必要があります。
贈与する人数を増やすことで節税できる金額も比例して大きくなります。

生命保険による節税

生命保険を利用する節税対策もあります。
生命保険は相続税の対象外となっています。
死亡保険金を理揺すると、税金の対象となる財産を減らすことができます。
また被相続人から贈与された資金をもとにして相続人が生命保険に加入すると、相続税を節税することができるようになっています。
被相続人がなくなる前から取り組むことがポイントです。