遺産相続の方法や遺言書の手続きについて

遺産相続には一定の手続きがあります

遺産相続をするときには、決められた手続きの中で行うことが大切です。
また遺産を相続する人は必ずしも1人ではありません。
複数と言うことも考えられます。
男性の場合には兄弟や妻子や養子など誰か一人を特定しないというような場合もあります。
遺言書がしっかりと残されていればいいのですが、ここに相続を妻にするというようなことが書かれていればそのように遺産相続の手続きが行われるようになっています。

遺族間で話し合いが必要です

しかし実際の手続きではこのように簡単な問題ばかりではありません。
親族の数が多いというようなこともあり、たくさんの財産が残されたというような場合には、遺族の遺産を巡って争いが発生することもあります。
複数の相続人がいるときにはそれを分配する必要があります。
遺産分割に関する手続きは次のようになっています。

遺言書がある場合は優先されます

遺言がある場合には基本的に、ここに書かれた指定にしたがって遺産を分配していきます。
ここで注意しなければいけないのは、法的に認められていない遺言書の場合には遺産分割の指定は無効になるということです。
遺言書として認められているのは次のような場合になります。
まずは被相続人が自分で書いて作成しているというものです。
ここでは他の人が書いたものやパソコンなどで書かれた書面に関しては認められていません。
必ず自筆であるということが基本です。
自筆でなければ法的効力を発揮しないようになっています。
このときに満たさなければいけない条件としては、被相続人の氏名や作成日がしっかりと書かれているか、このほかに実印が押されているという点になります。
ここでは筆跡鑑定や実印の証明などの家庭裁判所の検証を受けて公式に認められた書面が遺言書として有効になります。