法定相続人に関する基礎知識

法定相続人の範囲

法定相続人とは、民法に定められた相続人となれる人のことをいいます。被相続人の法律上の配偶者は必ず相続人となれますが、内縁の妻や夫は相続人になることはできません。それ以外の親族は、民法によって以下のような優先順位が定められています。

第一順位となるのは直系卑属です。

直系卑属とは、子や孫など直系の親族で、被相続人より後の世代のことです。まず子が相続人となり、子が死亡している場合は孫が相続人となります。血のつながりのない養子でも相続人になれますし、まだ生まれていない胎児でも生きて生まれてくれば相続人となります。また、婚姻関係にない相手との間に生まれた子でも、認知を受けていれば相続人となることができます。ただし、認知を受けていない非嫡出子は相続人となることはできません。

第二順位となるのは直系尊属です。

直系尊属とは、父母や祖父母など直系の親族で、被相続人より前の世代のことです。血のつながりのない養父母でも相続人になることができます。まず父母が相続人となり、父母が死亡している場合は祖父母が相続人となります。

第三順位となるのは兄弟姉妹です。

被相続人の兄弟姉妹が死亡している場合は、甥や姪が相続人となります。

法定相続分の範囲

法定相続分とは、民法に定められた相続を受ける割合のことです。法定相続分は、相続人の組み合わせにより、以下のように定められています。
相続人が配偶者だけの場合は、配偶者が全て相続します。
相続人が配偶者と直系卑属の場合は、配偶者が2分の1、直系卑属が2分の1を相続します。直系卑属が複数いる場合は、2分の1を人数で割ります。
相続人が配偶者と直系尊属の場合は、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1を相続します。直系尊属が複数いる場合は、3分の1を人数で割ります。
相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を相続します。兄弟姉妹が複数いる場合は、4分の1を人数で割ります。
相続人が子のみ、直系尊属のみ、兄弟姉妹のみの場合は、同順位が1人なら1人が全て相続し、複数いる場合は人数で割ります。