2015年の相続税改正の見方

今回の相続税改正は増税だけなのか

ピンクのティーセット2015年1月に相続税の大改正が行われました。TVや雑誌など各種メディアで大きく取り上げられ、バラエティ番組でも特集が組まれるほどです。内容的に増税と大きく報じられるので資産家はもちろん、そうでない人たちまで相続対策に乗り出しています。しかし果たして本当に増税だけなのでしょうか。少し詳しく見てみることにします。

基礎控除が4割も引き下げられてしまいました

 まず一番増税と言われる理由が基礎控除の引き下げでしょう。今までは5,000万円+1,000万円×法定相続人の人数、という計算式でしたからよほどの資産家でない限り相続税は庶民に縁のないものでした。それが改正後の計算式は3,000万円+600万円×法定相続人の人数、となりました。
このように基礎控除額が4割減ることにより、今まで税金を払わなくてよかった人たちも納税者になり得る可能性が出てきましたし、すでに納税者だった人は税額がアップします。
今回のこの基礎控除引き下げにより納税対象者が4%から6%に増加するという試算もあるほどなので、この効果は絶大でしょう。

減税になるのは不動産の評価額

 ただ一方で減税になる改正もあります。未成年者控除と障害者控除の控除額が6万円から10万円(特別障害者の場合には12万円から20万円)に引き上げられました。正確にはこれらの数字に一定の年数を乗じたものが正確な控除額になります。
 もう一つ、居住に使われていた不動産(土地の部分)を相続した場合には評価額が240平方メートルまで8割減になるのですが、今回の改正で330平方メートルにまで引き上げられました。
 このように減税となる部分もあるのですが、基礎控除減額のインパクトと効果が大きすぎるので、やはり結果的に増税となるケースが圧倒的多数でしょう。