財産に相続税や贈与税がかかる理由

相続税はなぜかかるのか?

赤い紅茶のアフタヌーンティー相続税とは、亡くなった人から財産をもらった場合にかかる税金の事です。
また、財産とはお金だけではなく家や土地なども含まれます。
何故亡くなった人から財産をもらった場合に税金がかかるのか不思議に思う方も多いと思います。
理由は2つあります。

相続税がかかる理由

1つは、財産が集中しないためです。
財産が集中すれば不公平が生じます。
そのため、税金をかけて集中しないようにしています。
2つ目は、相続する人はただで財産を手に入れる事ができます。
そのため、不労所得で得た財産には税金をかけるという考えが国としてあるからです。

贈与税がかかる理由

では、生きている間に財産をもらえば税金はかからないのではないか考える方は多いと思います。
しかし、生きている間に財産をもらえば贈与税がかかります。
贈与税がかかる理由は、相続する時だけに税金をかければ生きている間に贈与する人が増えます。
それでは相続税の意味がなくなってしまうからです。
しかし、贈与税は相続税と比べ高い税率に設定されています。
これは、贈与税の方を安くすれば生きている間に全ての財産を贈与すれば税金が安くなってしまうからです。
このため、財産をもらう際は事前に税金を調べる事が大切です。

相続税対策は死後では遅すぎる

相続は人が亡くなった時から始まります。
相続の流れは、まず市区町村に死亡届けを出します。
次に、遺言書があるかどうかを確認します。
そして、相続人を確定し相続財産を調査します。
その後、相続放棄や遺産分割協議の手続きを行い遺産の分配や名義変更などを行います。
このように、相続する際には様々な手順が必要です。
手順を踏まずに相続を行うと後々大きなトラブルに発展する可能性もあります。
そのため、専門家に相談し的確に対応する事が大切です。